2013年6月24日月曜日

プライバシーの尊重-大家と大喧嘩-

[今回も、エンタメとは違う内容で投稿します。そして長文です。]


グラスゴーに住み始めて1年。

引っ越した当時は大学の寮で過ごし、今はその寮時代に一緒に住んでいた中国女子と大家から1つのフラットを借りてフラットシェア中。


この大家、パキスタン出身で、かなりいい加減で9月に引っ越してからというもの、問題が多く、たびたび喧嘩。


引っ越し前からシャワーが使えなくて「すぐ直すから」と言って1週間以上直さなかったり、電気が完全に使えなくなってエンジニアを呼べって言ってるのに1週間以上放置されたり・・・。

(多分税金対策で)家賃を現金手渡し払いなんだけど、来るって言った日に連絡なしのまま来ないとか、いきなり「あと30分で行くわ」って言われたりとか・・・。


パキスタン訛りが強い英語だけど、喧嘩しまくったおかげで今では完全に私は理解できるようになってしまった。慣れは怖い。



そういうわけで、「Jadeの大家はひどいらしい」というのは、もう私の友達の間では定説(笑)



そして、そのひどい大家が先週あり得ない行動に出たので、記録として残しておこうと思う。

イギリスにこれから住む人、こういう大家もいますので、気をつけてください。
(全員がそういうわけではないけれど)



私達は9月にフラットを出て行くから、大家は新しく貸す人を探してる
私のフラットメイトの中国女子は現在ロンドンに短期滞在中。
その中国女子に大家から新しく貸すかもしれない人に家を見せたい」と連絡が。

でも、ロンドンにいるし、部屋が汚いから、グラスゴーに帰ってくる来月の7日以降にしてくれないかと頼んだらしい。


そしたら、Jade(私)はいるのかって聞かれたらしく「今グラスゴーにはいるから、連絡勝手にとって」って言ったらしい。

んで、中国女子から私に「そう伝えたんだけど、あまり部屋に入ってほしくないから、そこんとこよろしく」ってメールがきて、私も「わかったー。まぁ、大家が連絡くれるならいいよー」って終了。


ちょっと具合が悪かったので、パジャマ姿のまま家でうだうだしてたら、急に家のベルが鳴った。
それは1階の共有のドアのベルで、普通は部屋の番号のボタン押すんだけど、時々他の家に訪ねに来た人が間違えて押したりするし、そのまま放っておいた。

すると、本当の玄関のドアベルが鳴って「おかしいな・・・」と思って自分の部屋から出て様子をうかがっていたら・・・誰かが鍵で玄関のドア開けようとしている!!!!

慌ててドア開けたら大家と、大家の奥さんと、2人の中国人がいた。


ドアを半開きにしたら「おお、いたんだ!」とか言われて。そのまま入ろうとする。

私:いや、中国女子が、「大家がJadeに連絡する」って言ってたし、中国女子も今日来るなんてことは知らないよ!


大家:あぁ、彼女今ロンドンにいるでしょ。だから来た。鍵持ってるしね



はぁ?!



緊急事態に備えて大家が鍵を持ってるのは私達も知ってるんだけど。

「フラットに来る用事があれば私たちに連絡する」ということが契約書には書いてある。

私:いや、ちょっと・・・友達と会う予定だから(会う予定ないけど)


大家:あぁ、鍵あるから平気。締めて出て行くから。



そういう問題じゃねぇ。



私:いや、契約した時に、何か緊急じゃない以外は、部屋に入る時は知らせるって言ったじゃん?


大家:だから、中国女子に連絡したし、今君は家にいるんだから問題ないじゃん


私:そんなんおかしいでしょ。第一私だって彼女だって、今日来るとは聞いてないし、第一私に電話するのが筋でしょうよ。私のプライバシーはどうなんのよ。洗濯物だって干してあるのに。せめて30分前とかでも、前もって言うべきでしょ。


大家:なにプライバシーとか言っちゃってんの。ただ部屋見せるだけじゃん。5分で済むことじゃん。別に君の下着見に来たわけじゃないし。


私:連絡しなかったそっちが悪いんだし、具合も悪いから明日とか日を改めて来て


一連の流れの中、何も言わない奥さんと中国人。奥さん英語わかるくせに!


大家:僕らだって忙しいのに、こうやって予定を合わせて来てるの。別に部屋を見せたって世界の終わりじゃないんだから、さっさと入れてよ、いい加減に。



そして怒りだして、半開きだったドアを力づくで無理矢理開けようとした!!



そりゃ人間、身の危険を感じたら反射神経ってものがあるでしょう。
「え、どゆこと?ありえないでしょ」って思わずドアを閉めようと頑張る。


大家:そんなに嫌がるって、何か違法な物を隠したり、誰かと一緒に住んでるんだろう!さっさと開けろ!

(部屋が2つしかないので、私達がもし誰かを「お泊まり」程度じゃなく、住まわせていたら契約違反になるし、法律違反にもあたる。)

そういう問題じゃねーだろ。プライバシーとか、個人の尊重のことを言ってんだろーが!



最終的に、1−2分の押し問答があり、奥さんが止めて、FUCK!!!と大家は大声で叫びながら帰っていった。



そんな経験は初めてだったので、怯えて急いで中国女子に電話。

中国女子:いや、ちゃんと説明したし!しかも、私も今日来るとは聞いてない!でも、私が部屋に入るなって言った時点から機嫌は悪かった。ごめんね、そんな目に遭わせて・・・。でも、あの大家ならやりかねないね。



結局、これ以上うちらは関わりたくないし、入居時にデポジットとして330ポンドを私達は払っていて、それは大家が出て行く時に返してくれることになっているけれど、あまり関係をこじらせると、それをぼったくられる危険性もあるから、大人しくさっさと次の入居者に決めさせよう。

そうしないと、また誰かが見たいって言った時に、きっと次回はあの人勝手に来るはず。ってことになって、もう次来るって言われたら、本当に嫌だけど、全部言うこと聞こう。と中国女子と決意。


すると、大家から電話があって、まず最初に私の態度や、違法行為を行っているんじゃないかと言い始めて、めっちゃムカついたんだけど流した。そして、結局同じメンツで日を改めて来るらしい。


色んな人種の人にこの話をして、全員が「それは法律違反だ。そんなことがあっちゃいけない」って言うんだけど。

しかるべき機関に言えば、どうにかしてくれるんだと思うんだけど、もうあと2ヶ月くらいしか住まないし、しかも鍵持ってる人にそういうことして何かあったら嫌だし、330ポンドくらいかもしれないけど、でも絶対大家に渡すのは、嫌だ。

しかも、部屋を今出て行くこともできるけれど、修論もあってフラット探しなんて面倒なことは今したくないし。
だから、全部黙って、最終的な切り札は8月末まで保留。


立地もいいし、日当りもよく、近くのパブがうるさいとかはあるけど、大家以外は非常に快適でいい家。
大家さえどうにかなれば、もうちょっと高い値段でも借りる価値はあると思うが・・・。
さっさと8月末にならないもんか。



ランキングに参加しています!押していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スコットランド情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ



0 件のコメント:

コメントを投稿